Jan 28, 2015

about OKINAWA


沖縄

それはそれは低く上空を飛んでいたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

先日、沖縄に旅行行ってきました。

まぁね、あそこは最早景色も雰囲気も日本ではないから本当に素晴らしいとこなんですよね。海もキレーで俺は沖縄の人も大好きであります。

でも、俺ら本土の人間が知らねーことがたくさんあって。そんなことを少し見たからちょっと書きたいなって思います。

レンタカーのアクアで高速道路を飛ばしていた時の事、yナンバーのクルマが合流から無理矢理入ってきました。

あぶねーなこいつ!と思っていたらそれは駐在米軍基地の人間のクルマでした。

あーそうか。沖縄には米軍基地あったっけかっていう印象しかなくてyナンバー自体も知らなかった。

そのあと下道で那覇から万座毛とかそっちの方行ってる時にも基地の前通ったりして。ホテルも恩納村の方だったので妙に基地が気になっていたわけです。

そして街をブラブラしてる時、一機の飛行機が低空飛行で上空を飛んでいるのを見たわけです。

 

 

 

そこで思い出したのは沖縄国際大に落ちたヘリのことでした。

帰ってきて、そっち系の文献も読んで沖縄について色々調べて見ました。

 

 

そもそも、沖縄にはアメリカ人居住地があります。勿論ですが。
ただ、その上はヘリ演習の軌道にはなっていない。じゃあ米軍のヘリはどこを飛んで演習してるの?

それは日本人が、沖縄の人が住んでる家の上を低空飛行してるわけです。

それはそう。アメリカ本国では居住地の上を低空飛行してはいけない法律があってそれはしっかり守られてる。

しかし米軍は日本ではアメリカ人居住地の上は飛ばなくても日本人の居住地の上は平気で飛んでいる。だからこそ、沖縄国際大の事件も起こった。あれは起こるべくして起こってしまった事件な訳だったんです。

それは、日本ではそんな法律がないから。と言われたらなんとも言えない。
米軍の連中はアメリカでの法律を守って自国民の上は飛ばないと。

そんな話、あって言い訳ないっしょ。

じゃあ、沖縄の領空は誰のものなのか。

お気付きの通り米軍のもののわけで。

ちなみに東京もなんだけど。東京羽田から西の方に向かう飛行機は、一回千葉の方を抜けて急旋回して抜けるのを乗ったことある人もいると思います。

 

 

 

 

もうね、こんな話からして基地移転とかそんなレベルではない。

そして、基地移転の話は現政権の自民党は出来ない。
なぜかって自民党はCIAに政治資金を援助してもらって出来た党な訳でアメリカには頭が上がらないと。

全くをもって負の連鎖なんですよね。

ぼくが沖縄行った時、知事選の演説が各地で行われていました。
どの人も基地移転の話しは本当に昔からある。

でもね、まず基地移転とかの前に最低何メートル以下は飛行出来ないとか、山間を抜けるルートしか飛行出来ないとかそーゆう話を日本政府はアメリカにするべきじゃないのですかね。

戦後GHQが入って、冷戦の砦に日本をしたと。
その時に押し付けられた法律が未だに残ってる。

9条の解釈変えてる場合ですか?
秘密保護法可決させてる場合なの?

守らなきゃいけない事はもっと違うところにあるはずだと思います。

その時に決められた法律の中に、どんな場所であろうとアメリカ政府の財産について日本政府は差し押さえたり調べたりすることはできないというのがあります。

だから沖縄国際大の時、放射性物質が漏れたかもしれないという可能性がある中で日本の警察、政府は現場にも入れなかったし本当に何も出来なかったわけで。

ササッと米軍内で処理され、当事者は不起訴処分になり真相は闇に埋もれて行きました。

あんな綺麗なとこにそんな不条理がたくさんあって、ただ基地移転といっても基地があるからこそ雇用がある人もいるだろうしそう簡単な問題じゃないことはみんな知ってると思います。

憎むべきはアメリカ人ではなくて、でかい公約掲げて何もしない日本政府だったり。

これで何をするって話でもなくて、これから新しく日本を担っていく僕ら若い世代が、まず知ることから始めて行くのが大切なんだと思います。

まだまだ自分の国なのに知らないことが沢山あるからこそ知っていく必要がある。

そんな一例として本土の人間が大好きな沖縄のこと、少しでも知れたらいいなと思いました。

 

 

そして、上記の法律の「どんな場所でも」
というくだりは、日本全国だということも。

石渡航平

Posted in Blog, TRIPNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA