Mar 14, 2015

音楽話題 ~最近の3枚~


IMG_3869

ここ最近の三枚

こんにちは。今回は久々の音楽談義。
ここ最近聞いてるCDについて、個人的な見解をお送りいたします。

1. CHASING YESTERDAY
Noel Gallagher’s High Flying Birds

oasisのアニキ、ノエルのソロ二枚目。
とりあえず、4月の武道館での来日公演に行きます!しかし、それはこのアルバム発売前に買ってしまったので、このアルバムがどれだけいいかが勝負になってたのであります。

蓋を開けてみれば、なかなかの出来栄え。しかしファーストから激変したかというとそうでもない。まぁ、これがノエル節というのならそれはそれですが、純粋にUKロックのルーツから導かれた音楽ということは間違いなさそうです。

この人は新しい扉を開けるというより、開けないでそのままの場所から音楽を鳴らしているのが一番いいと思うし、完成されてる。

革新的なのは若い衆に任せて、俺は俺の音楽があっから、好きなら聞けばいいし、嫌いなら他行ってくれ。
という、日本でいう老舗の割烹ミュージシャンですね。
そんな姿勢が好きです。ノエルのアニキ。

2.Story tone
Neil Young

去年出したニールヤングの二枚組のアルバムです。1枚目がソロバージョン、2枚目がオーケストラバージョン。

まぁこの人のすべてのアルバムを聴くのはちょっと気合いが必要です。
なんせ、デビューしてから50年?くらい経っておりアルバムはかなり多い。

ということで一番最近に出したこのアルバムは非常に良いアルバムです。
なんだろう、この歳になったからこそ出せるからりと乾いてるギターと暖かい歌声が砂漠とオアシスを交互に見せられてるみたいで心地よいです。ピアノもいい。

この人の経歴は長すぎてここでは書ききれないですが、9.11の後ジョンレノンの「イマジン」が自粛になっている時に追悼番組でイマジン歌うような人です。僕は好き。

3.Black messiah
D’Angelo

D’Angelo名義では15年ぶりの今作ここ最近のマジなベストワンです。
カニエさん超えてます。
僕の言葉じゃ表現できない奥深さにありふれたもので、完全に「新しい音楽」が始まったといっても過言ではない。
ブラックミュージックの奥深さ、歴史、全てが詰まっているし、さらにその深くまでリーチしている。
また、R&BとHIPHOPという音楽性は似て非なるものだと自分では感じているけど、このアルバムで交わり、そして1つの線になってしまったと思う。
そこを結合させ、「深化」させたのがこのアルバム。

だからこそ、ジャンルわけについては否定派ですが、それを恐れず言うのならば、「新しいジャンル」ができたと言っても差し支えないと思います。

そして、これアナログ盤で聞いたらさらに凄くなるんじゃないかなと思ってます。

イヤホンで聞くのもまたいいんですけどね。
ちなみにイヤホンはUEのTRIPLE.Fi 10を使ってます。サブでmonster時代のBeats持ってますがほとんど使ってません。ていうか、正直今のBeatsはファッション用としか思えない。ヒップホップ聴くにはいいですが、イヤホンとしてはあまり良くないですね。
これを話しだすと長くなるのでイヤホン話はまた今度。

とりあえず、D’Angelo是非聞いてみてください。
またYouTubeのリンク貼っときます。
D’Angelo BLACK MESSIAH

Posted in MUSICNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA