Mar 8, 2015

デジタル与太話 電子機器周辺事情とこの頃


IMG_3872

皆様こんにちは。

今回は僕のガジェット周辺の記事について書きたいと思います。しかし、こんなことに興味あるのかどうなのかかなり怪しいところなのですが•••。

ガジェットは好き。形から入るタイプ。こう言うとめちゃくちゃだめに聞こえるから恐ろしい。

とりあえず僕のITリテラシーを可視化してみましょう。、

1.このサイトはWordpress でサーバー借りてやってます。PodcastもWordpress のプラグインをぶち込んでやってます。
ただ、なんかにぶち当たった時は調べまくらないとわからない。とりあえずHTMLは打てない。
そしてこのサイト始めるまではサーバーって何?状態。恐ろしい

2.これを書くのはWordpressのテキスト。
h1とかbrとかはライターを始めてから知ったものばかり。
ハイパーリンクとかもまったく知らずに。編集の人にしごかれ覚えました。

3.PC周辺は完全にApple。メインはMacbookpro Retina13 メモリ16GB
スマホはiPhone6、タブレットはiPad miniRetinaとKindle。
ここまで固めるとクラウドサービスをあまり使わなくなる。メモは勝手に同期されてるし、まぁiCloudは使いますが。あとはGoogleドライブとDropboxくらいか。
evernoteはイマイチまだ使い方わかってないです。

4.MessageアプリはSlackとFacebookMessagerとLINEとカカオトーク。
Slackは完全に仕事用です。他のは完全にプライベート。
メールは基本Gmailを二つ。あとはYahooとBIGLOBEとiCloud。しかしGmail以外はほぼ捨てアカです。Gmailの片方の方もオーストラリアのApp Store用なので似たようなもの。

5.ネット環境
家はAirMacExpress、5gHz帯は未対応。タブレットはBIGLOBESIM。2GBで月々980円くらい。
安いぜ。
iPhoneはau(旧プラン)、あと海外用のシムフリー携帯(Nokia)

6.mailとか諸々スキル
題名の大事さ、CC BCCの使い方はわかっている。しかし完全に使いこなせているのかというと微妙。というか、Messageアプリのせいでここらの常識が欠如し始めてるといっても過言ではないのかも。

7.ニュース
ぼくはテレビをほぼ見ません。一日20分見るか見ないか。
なので、必然的に情報取得はインターネットからです。

まず、フリップボードというアプリ。これはいいです。でもiPhoneで見るもんじゃない。タブレットでみるもんですね。新聞読む代わりにフリップボードで朝はニュースをチェック。

その時に聴いてるのはPodcastのRebuildです。
これはニュースでもなんでもないんですが、謎のわからない人たち(エンジニア会では恐らく凄く有名な人達)がひたすらテック系のネタについて語るという面白Podcast。

あとはBlog系をいくつか見て朝は終わり。

というわけで僕の自己採点ITリテラシーは低です。

立ち位置

上記が序文。ここからが本題です。

ついこの前、若者(10代)と話す機会がありまして、ひょんなことからネット系の話題に。

その時その人が言った言葉が「ブラウザ?インターネットですよね?ブラウザはインターネットの事じゃないの?
みたいなこと言ってたんでぶったまげました。

このITリテラシーの低い僕でもブラウザはわかる。IEとかChromeとかFirefoxとかSafariなどなど。

しかし今の子はわからん。

よくよく、考えてみればその気持ちもわかるんですね。
ぶったまげたけど、ふむふむと思った。

そりゃパソコン持ってなくてスマホだけで生活してたらiPhoneだったらSafari、AndroidだったらChromeとかですもん。別段意識しないでいい。

というか、逆にそこを意識しすぎちゃうシステムが多すぎるのかもしれないと。

例えば企業が使う適性検査みたいなもんはほとんどIEしかまともに開けない事もよくある。

それってどうなんですかね。

逆にネット側から歩み寄らないと距離は深まるばかりなのかもしれないかなと思ったりもします。

でも、最低限の知識は必要だとも思います。

これから(今も)ネット中心の世の中になっていくにあたって、両者が離れていくのはどうなんだろうかと。

いや、正確には離れてはいない、むしろスマホなどの普及によって近づいているのだけどマクロ的な目線で見ると離れて行ってる風に見えたりもする。

非常に難しいとこなんだなと。

これが、本当上記のブラウザ何?状態がよく表している現象なんじゃないかと。

最近Googleも発表してましたけど、サイト自体がスマホ対応していないと、これからは検索順位が下がると。

なるほど。
確かに僕のBlogもアナリティクスでみるとほぼ、80%はスマホ、タブレットから見られてます。

というか、僕の周りを見渡してもパソコンを持ってない人が多い。
自分的にはこのスマホの画面でYouTubeとか長いBlogとかは読みたくない。読むならタブレットです。最低でも6.4インチは欲しい。

しかし、この「考え方」自体が古いのかもしれない。
そして、オーストラリアに住んでた時もスマホ見ると異様に画面がでかいのが多かったです。
iPhone6plusもgalaxyもXperiaも画面がでかい。

そのことから考えるに今の流れ的にはPC使わずバックアップはクラウドにしてネットサーフィンはデカイスマホで•••って感じなのでしょうね。

それを如実に表すGoogleのスマホ対応での検索順位のつけ方。

理にかなってる気がしなくもない。

情報取得という観点

ということは、どこでも新しい情報が仕入れられて見られるのは今後どうしてもスマホからということにならざるおえない。

だからもうブラウザとかの垣根ってただ、邪魔なだけになってるような気もするんですね。

だからブラウザ自体の意味を知らないって事も、流れをそうしてるから仕方がない。ただ、企業が途中でせき止めて•••というなんともな矛盾が今あると。

僕の素人的意見ですが。。

その中で生きてくにはやっぱり多少の知識はないとダメですよね。

受け身じゃなくて、取りにいく姿勢じゃないと本当にポツンと置いていかれてしまうことになるのかなと。

いつもアンテナを張って尖らせていないとこのままじゃマズイし、受け身になって降ってくる情報自体がロクなものがないと思うんで。

だから、ガンガン情報ゲットして、そこから自分の意見を導いたり、考えることがこれからもっと重要になってくるんじゃないかと思うのでした。

Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA