Jan 25, 2015

what trip do u like ?


IMG_0832

ついこの前まで友人がこっちに遊びに来てトリップアドバイザーをしていました。
その友人達とはよくアジアや日本中を旅した仲間でわざわざシドニーくんだりまで来てもらって凄い楽しい日々を過ごさせてもらいました。

そこで考えたのは旅の重要性。

 

 

 

 

旅というのは遊びなのかもしれない。

でも、日常生活では感じ得ない感情や気付きが出来る。 遊びの中でそれが出来る。それは幸せなことこの上ない。

ただ、ハワイばっかとかリゾートばっかりではその感覚も薄くなるかもしれない。

日本人のイメージでは東南アジアはどーゆう国に見えるのだろう?

日本人はとにかく、ヨーロッパが好きだ。
それはパリコレとかわけわからないセレブ文化とかそーゆうメディアによって色付けられた情報によってそう思ってるのかもしれない。

 

 

 

 

ではアジアは?貧乏で汚い?危険?騙される? 大いなる勘違いだと俺は思う。

おれは何十カ国も旅してないし、アジアでもタイとかカンボジアとかバリとかしか行ってない。

でも大多数の日本人が持つ汚いとか危険とか魅力がないとか、それは本当に違う。

 

 

 

 

いつから日本人はアジアで一番だと思い始めたのだろう?なんで2ちゃんとかでは在日の人達が叩かれるんだろう?

俺は日本人というモノに誇りを持っているしいい国だと思う。

でもそれは比べるものじゃなくてたまたま日本に生まれただけ。

比べている人たちは誰かに目隠しされて生きている。

 

 

 

 

カンボジアのベンメリア(個人的にはアンコールより良かった)に行った時のこと。

ベンメリアではカンボジアの七、八歳の子供達がお金を貰って遺跡の案内をしている。
そこに中国人観光客の同い年くらいの子供がカンボジアの子供にお金を投げていた。

そしてそれを拾うカンボジアの子供達をみた。

それを見て、別に中国人がどうこう思ったわけじゃない。

嗚呼俺は本当に何も知らないんだなって思った。

旅の本とか読んで知った気になっていた自分をアホかと思った。

だから、自分の目で見てちゃんと五感で感じなきゃいけない という事に気付けた。

 

 

それだけで、本当に旅に出て良かった。旅を好きになって良かった。と思えた。

机の上でラップトップいじってるだけじゃ気付けない事がこの世界には沢山ある。

生きてるうちに、色んな物を見よう。

若いうちに沢山の事を感じよう。

それが出来るのが

なんだろう。

石渡航平

Posted in Blog, カコキジNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA