Jan 28, 2015

wish I could say more


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は相国寺。絵になる写真です。

ちなみに記事のタイトルは9月9日なので。

なんだかんだ見てしまうAppleの発表会。

新しい潮流。

このレビューとかブログとか。

そのような物は、ある種大きな中央を通さずそのまま生のまま出される新鮮な意見かつ、なんの情報統制もない新しいカタチだと思うのです。

これまで、インターネットが出来てここまで広がった。

そして個人が簡単に発言出来たり、簡単に情報を流せる時代になった。

そして今まで情報を売っていた人達は、あまり売れなくなって行く。

それは簡単に情報がつかめるようになったからで。

魚や、肉にもあるように、情報の鮮度が見直される時代になった。

いの一番で書かれているとされていた新聞が、今ではそうじゃなくなってしまった。

何処かで事件が起きればTwitterのタイムラインに流れる。目撃者の誰かが呟く。

同じようにFacebookのタイムラインにも流れる。

その後Webメディア、フリップボードやFeedlyに置かれる。そこにはTwitterで発言された物の詳しい情報が書かれることになる。

紙に刷ってる間に誰かが纏めてる。

Web上に。

紙に刷って出来た時には、その情報は賞味期限ギリギリだった。

口コミってなんだろうか。
昔は口コミっていうのは、本当にそのまんま人づてに口頭でのコミニュケーションだったはずだ。

でも今は違う。勿論口頭でのコミニュケーションはある。
だが、それを知らない人たち同士で共有出来る様になった。

それはご存知の通り、インターネットでの口コミだ。

これを再定義したい。

これからこのブログでのインターネット上での口コミをの事を

「打ちコミ」

と呼ぶことにする。

口コミと打ちコミ。

 

 

 

 

要するに何かを知る。
ここでいう情報はニュースは勿論、飲食店の評価や物件、車やバイク、家電製品。ありとあらゆるものの全てのことを知ることを情報と、言わせてもらう。

この二つが出来てから、本当にいいものを探すことが難しくなる。
これが情報の氾濫だっていう話だ。

どこにも工作員がいて、お店の評価をそのお店の店員がよく書いたり、その会社から少しばかりのお金をもらってプロのレビュワーや評論家がイイと書く。

だから目が必要になってくる。
真贋を見定める目が。

その情報は嘘か本当か。
ありとあらゆる事象を吟味して自分で思考するということ。

それには何が必要なのか?

目を鍛えるためには頭の前に体を動かすということ。

思考するということ。それは頭の中のことでありますが、何百冊本を読むよりそれを体験しちゃった方が早いし感じ方も百倍以上違う。

 

 

 

 

 

それが頭より体を動かすということ。
経験から学ぶっていうこと。

それはなんとなく今の世の中生きてて思うのだけれど、昔より、大事で貴重なものなんじゃないか。

今はネットでなんか見て、Kindleでなんか読んで、なんでも知ってる気になる。
なんかあればGoogle先生に頼ればなんでも教えてくれるから。

でも、本当にそのものの真理を知っている人って少ない。
それはネットがない時代はみんな体験しなければわからなかったから体験していた。
けれど今は体験しなくてもわかった気になる。
から誰もやろうとしないことが多い。

だからむかしよりも体験というものが貴重になった分、大切になったと思う。

なんか若干話が逸れましたがそう思うのです。

 

中央を通さず生のまま出る情報は、中央で加工されていないから、自分でどうとでも捉える事が出来ると。

 

 

 

魚を煮付けで出されたら、煮付けで食べるしかないけれど、生のまま出されたら焼いて食おうか煮て食おうか、そのまま食おうか•••何通りもある。

でも料理の仕方をわからなければ、そのまま食べるしかない。
そしてその魚が何かも分からなければ最早何も分からなくなってしまう。要するに食べれない。見てるだけ。

全く、今の世の中の情報と同じ事で、個人の捉え方次第だと。

だからシェアエコノミーやコワーキングスペースなどはレビューやこの情報化社会を更に一歩前に進めた新しい文化というか生き方だと思ったりもします。

もう情報を統制して、何かを流行らせて、操る時代は終わりました。

これからは自分の場所で、皆とシェアして自分のフィルターで物を見て選ぶ。

個人で何か面白い物を発信してる人を見つけて、その人と友達になることなんて簡単だし。

最早もう国家なんてただの土地持ちにしか見えなくなってきたし、もう拘る必要もないなって思う今日この頃なのです。

 

 

 

いや、まだ書き足りないのであと一回続く予定です。
飽きたら別ネタ挟みます。。
風呂敷広げ過ぎた感は否めません。。。か?

石渡航平

Posted in TRIPNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA